北海道で自己破産する手順を解説!用意すべき書類、相談する専門家、かかる日数など

北海道で自己破産を考えている方のために情報をまとめます。令和2年、北海道では札幌市、旭川市、函館市を中心に320人が自己破産しました。

北海道で債務整理(任意整理、自己破産など)を格安最速で済ませる方法を解説!

北海道での自己破産のための流れ

北海道で自己破産する手順は、札幌市、旭川市、函館市などお住いの地域を管轄する地方裁判所に自己破産の申立書を提出し、裁判官から申し立て内容について、生活苦・低所得や浪費・ギャンブルなど支払いが不能になってしまった原因や状況について質問を受け、北海道での破産手続きの開始が決定します。

自己破産を申し立てた時に換金できる財産を持っていない場合であっても、財産を処分するという手順が行われますが、財産処分の開始と同時に終了となり、北海道の地方裁判所が同時廃止の決定をします。

北海道で自己破産にかかる日数

北海道自己破産には種類が3つあります。

・同時廃止事件
・少額管財事件
・管財事件

どの種類の自己破産になるのかは、生活苦・低所得や浪費・ギャンブルなど借金を積み重ねることになった原因や、自己破産する金額などによります。

それぞれの自己破産によって日数には違いがありますが、基本的には処分する借金の金額や処分可能な財産が多いほど自己破産にかかる期間が長くなります。

また、手続きの関係上、札幌市、旭川市、函館市などの大都市の方の方が手続きが容易になるケースが多いです。

北海道で自己破産する前に!

北海道で自己破産を実行する前には、かならず任意整理や個人再生などの別の債務整理についても十分に検討してください。

友綱事務所をはじめ、アース司法書士事務所弁護士法人イストワール法律事務所は、無料相談が可能で、個人の債務整理の経験が豊富な全国区の専門家ですので、一度相談されるのがおすすめです。

北海道に限らず、青森県などの隣接する都道府県でも自己破産や任意整理を検討される方が増えていますので、まずは落ち着いてご自身の借金の状況を確認するようにしましょう。