自己破産の免責不許可事由とは

自己破産の免責不許可事由とは、借金が積み重なった理由によって裁判所が債務返済の免責(自己破産)を認めない条件のことを指しており、法律でいくつかの項目が定められています。

借金の返済ができない状態に陥ってしまった方を救済することが自己破産の制度の目的ですが、意図的に多額の借金をしたり、ギャンブルなどで浪費したり、明らかに救済するべきではないと裁判所が判断した場合には自己破産が認められず、借金を返済し続けざるを得ない状況となります。

債務整理のなかでも最も借金を減らす効果が高い自己破産について、裁判所が認めてくれない免責不許可事由について詳しく解説します。

関連記事

自己破産とは、多重債務などによって借金返済の見込みが立てられない方が、財産や収入が不足しており「支払不能」であることを裁判所から承認してもらい、法律的に借金の返済義務(返済の支払い義務)を免除してもらう仕組みです。 自己破産の最大のメ[…]

IMG