自己破産とは

自己破産とは、多重債務などによって借金返済の見込みが立てられない方が、財産や収入が不足しており「支払不能」であることを裁判所から承認してもらい、法律的に借金の返済義務(返済の支払い義務)を免除してもらう仕組みです。

自己破産の最大のメリットは、借金の返済義務が免除されることによって、毎月の借金の返済や取り立ての悩みが無くなり、月々の収入のすべてを生活費や食費などに使うことができます。

自己破産できる方の条件

  1. 裁判所から支払不能と認められた方
  2. 過去7年以内に自己破産していない方

自己破産は、裁判所を通じて行われる法律に則った手続きですので、裁判所が「財産が無いこと」「収入が不十分であること」など借金の返済が不能であることを認められることが最低条件となります。

また、意図的に借金を行って自己破産を繰り返すような自己破産の仕組みの悪用を防ぐために、過去7年の間に借金の返済義務の免責を受けていないことも条件となっています。

自己破産するべきかどうかの判断基準

自己破産をするべきかどうかの判断基準は、決して「自己破産ができる条件」に当てはまるのかを確認するだけではなく、自己破産しなければ借金返済ができないのかどうかを基準としてください。

借金の返済が困難な状態にある方にとって役立つ制度には、自己破産だけでなく任意整理や個人民事再生などの4種類の債務整理の方法が用意されており、借金を減らす効果が最も大きいのが自己破産ですが、社会的なダメージが最も大きいのも自己破産です。

自己破産のデメリットについては次の項目でしっかりと説明しますので、内容を確認してください。

関連記事

債務整理とは、毎月の借金の返済に苦労されている方に対して、返済額を減らしたり、借金をすべてゼロにしたり、多重債務や支払不能に陥ったときに利用することができる国が定めた借金の救済制度で、具体的には任意整理や自己破産などがあります。 借金[…]

IMG

自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリットとデメリットについて解説します。

自己破産のメリット

・正式な法律の手続きである
・借金の返済義務がなくなる
・生活の立て直しが早い
自己破産のメリットは、法律に基づいた正式な制度によって、一部の特別な債務を除いては借金や債務の返済義務がなくなりますので、債務整理のなかでも最も強力で、生活の立て直しを素早く進めることができます。

自己破産のデメリット

・財産が処分されてしまう
・ブラックリストに掲載される
・しばらく借金ができなくなる
自己破産では借金返済の支払いが不能であることが条件となるため、高価な財産については売却処分をして返済に充てなければなりません。ただし、生活に必要な財産については処分されません。
自己破産のデメリットとして債務者にとって負担が大きいのは、金融機関などで共有されている自己破産者リスト(ブラックリスト)に掲載されるため、当面の間、新たな借金が出来なくなってしまうことです。

自己破産に強い弁護士・司法書士

債務整理のなかでも自己破産の経験や実績が豊富な弁護士や司法書士のランキングをご紹介します。
  • アース司法書士事務所
    4.38

    相談対応の丁寧さと、料金体系の明確さで、債務整理の不安を解消することに力を入れられているのがアース司法書士事務所さんです。

    債務整理に強い専門家のなかには、やや高圧的な態度の先生も少なくないのが実情ですので、相談時の安心感が得られるという点では特におすすめの司法書士事務所です。

  • イストワール法律事務所
    4.45

    当サイトの右サイドバーに広告バナーを掲載していただいているイストワール法律事務所さんも、債務整理に強い事務所として有名です。

    任意整理、特定調停、個人再生、自己破産のいずれにも対応可能で、金融業者の元スタッフを積極採用されるなど借金減額のための数多くの知識を蓄積されています。