クレジットカードでも債務整理は可能?任意整理後のカード利用も合わせて解説

クレジットカードのリボ払いやキャッシングによる借金であっても債務整理が可能です。

インターネットのECサイトでショッピングをしたり、コンビニや飲食店での支払ったり、クレジットカードを利用する機会が増えていくにしたがって、月々の返済が苦しくなってしまう方が増えています。

また、任意整理によって返済額の減額をした場合には、その後のクレジットカードの利用ができなくなるのではないかと不安に感じられている方も多いです。

クレジットカードと債務整理について多くの方が疑問を持たれていることについて、詳しく解説させていただきます。

クレジットカードの借金の債務整理は可能?

クレジットカードを利用したことで積み重なった借金は、消費者金融やカードローンなどと合わせて債務整理することが可能です。特に任意整理については理由を問わず、認められるケースが多いです。

日常的な買い物に利用していたクレジットカードのショッピング枠だけではなく、現金を引き出して使用したキャッシング枠についても同じように任意整理によって借金の減額や、金利の発生の停止を申し出ることができます。

ただし、任意整理はあくまでも貸金業者との交渉という形になりますので、債務整理に強い弁護士や司法書士の力を借りなければ、借金の減額などの条件を認めてもらえないこともありますので注意してください。

クレジットカードの債務整理の注意点

クレジットカードの借金を債務整理するときの注意点としては、自己破産の場合には認められないケースがあること、債務整理後はクレジットカードが使えなくなることの2点があります。

自己破産については、クレジットカードの使用目的が単なる浪費であったり、キャッシング枠を利用してパチンコや競馬などのギャンブルに使用していたり、いわゆる免責不許可事由に該当する行為をしていた場合には、裁判所が認めないという決定をする可能性があります。

関連記事

自己破産の免責不許可事由とは、借金が積み重なった理由によって裁判所が債務返済の免責(自己破産)を認めない条件のことを指しており、法律でいくつかの項目が定められています。 借金の返済ができない状態に陥ってしまった方を救済することが自己破[…]

IMG

また、自己破産だけでなく任意整理であっても債務整理を行った場合には、クレジットカードが使えなくなりますので注意しましょう。

ただし、任意整理の場合であれば、クレジットカード会社の債務を整理の対象から外すことによって、当面はクレジットカードを使用し続けることが可能です。