ギャンブルが原因の借金でも債務整理はできるか

ギャンブルが原因の借金でも債務整理はできるかについて不安に感じられている方が多いですが、任意整理であれば可能、自己破産では認められないケースがあるというのが結論です。

債務整理には4つの方法があり、それぞれに手続きの方法や条件が異なります。

借金の理由を問わずに実行可能で、借金の完済から日常生活を取り戻すまでの期間が短い任意整理を活用することで、ギャンブルの借金を債務整理することができますので、弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

ギャンブルが原因の借金を債務整理する注意点

ギャンブルや浪費によってできた借金は、「やむを得ない借金ではない」ということは多くの方が納得されることだと思います。

つまり、勤務していた会社が倒産してしまったり、両親や家族の借金を肩代わりしたり、個人の努力では状況を改善することが難しく、借金が返済できないという方とは同じようには扱われません。

しかし、任意整理についてはギャンブルが原因の借金であっても、多くの貸金業者が返済期間を延ばして、金利や延滞金の発生を止めるという要望を受け入れてくれる傾向にあります。

任意整理では裁判所を通さずに、弁護士や司法書士などの専門家の力を借りながら、債権者と債務者が話し合うことによって借金返済の条件を決めますので、借金の理由が問われることはほとんどありません。

ギャンブルが原因の借金は任意整理で返済

ギャンブルが原因の借金のすべてが自己破産を認めてもらえないわけではありませんが、基本的には任意整理によって3年から5年間の計画を立てて返済を行うことになります。

このため、任意整理では「何が原因で借金ができたのか」ではなく、「本当に借金を返済することが可能なのか」が重視されます。

任意整理では、クルマや自宅などの財産の処分を求められることはありませんし、任意整理したことが官報に掲載されず家族や職場にもバレませんので、毎月の収入を安定させることで返済への道筋がつけやすいです。

ギャンブルが原因の借金で自己破産したい場合

ギャンブルが原因の借金であっても、借金の金額が多額となり、任意整理では返済ができないという状況に落ちっている方は、裁判所に自己破産を認めてもらうしか方法が見つからないかもしれません。

自己破産を含む債務整理は、弁護士や司法書士であれば誰でも対応が可能ですが、やはり経験や実績のある専門家の方が手続きがスムーズで極めて困難な借金の状況であっても解決の方法を提案してくれます。

「まずは自分で解決を試みたい」と考える方も多いのですが、素人判断で貸金業者とのやりとりをすることで不利な状況に追い込まれ、専門家であっても対処できなくなるケースがあります。

ギャンブルが原因の借金でも自己破産になる裁量免責

ギャンブルが原因で債務返済の支払いが不能になったことがことが明らかになった場合には、通常であれば自己破産は認められませんが、弁護士や司法書士の技量によっては裁量免責という例外措置による自己破産が実現することがあります。

裁量免責とは、ギャンブルのような免責不許可事由にあたる原因によって支払い不能状態となった債務者に対して、個々の事情を裁判所が審査することによって自己破産を認める仕組みです。

「パチンコ屋が玉を出さないから悪い」とか「絶対に勝てる本命の馬だった」などという理由では裁量免責は認められませんが、債務整理に強い弁護士や司法書士などの専門家であれば、裁判所が聞く耳を持ってくれるような形で、自己破産の申請を進めることが可能である場合があります。

債務整理に強い弁護士や司法書士

  • アース司法書士事務所
    4.38

    相談対応の丁寧さと、料金体系の明確さで、債務整理の不安を解消することに力を入れられているのがアース司法書士事務所さんです。

    債務整理に強い専門家のなかには、やや高圧的な態度の先生も少なくないのが実情ですので、相談時の安心感が得られるという点では特におすすめの司法書士事務所です。

  • イストワール法律事務所
    4.45

    当サイトの右サイドバーに広告バナーを掲載していただいているイストワール法律事務所さんも、債務整理に強い事務所として有名です。

    任意整理、特定調停、個人再生、自己破産のいずれにも対応可能で、金融業者の元スタッフを積極採用されるなど借金減額のための数多くの知識を蓄積されています。